版ごとの変更点
第1版→第2版
誤植、誤記の修正

 2013年4月28日、ゲームマーケット2013春にて、惨劇RoopeRは次世代へと進みます。タイトルは「惨劇RoopeR Χ(サンゲキルーパー カイ)」。惨劇RoopeRからあらゆる面で改良を行った決定版となります。

 惨劇RoopeR Χは拡張セットではなく、本体セットとして新たに頒布されます。勿論、惨劇RoopeRから互換しており、こちらを手に取って頂ければ惨劇RoopeR本体と同様のゲームをお楽しみいただけます。拡張セットへの互換性も保たれており、Mystery CircleやHaunted Stageをお持ちの方は、それらの惨劇セットを用いたゲームを遊ぶことも可能です。

 以下にて、惨劇RoopeRからの改良点を説明いたします。

■初めての方のために

インストガイドを追加、説明に自信のない脚本家も安心!

 惨劇RoopeRは奥深さと引き換えに、ルール説明が難しいという欠点を持ってしまいました。そこで本作では、ルール解説の手順を記載したインストガイドを付属しました。ここに書かれた内容を読み上げ、手順をなぞるだけでインストが完了します。これにより、説明に自信がない方や、経験者がいない状態で初プレイを行う方も安心して遊ぶことが可能となります。

練習用惨劇セットを追加! 初プレイの練習に利用できます。

 初めて惨劇RoopeRに触れる方は、これまで多くのルールや役職を読まなくてはいけませんでした。本番のゲームならばまだしも、インストでそれを行うのは中々に大変な作業と言えます。

 そこで本作では、練習用の惨劇セット「First Steps」を用意しました。標準惨劇セット、Basic Tragedy Χを基に、ルール、役職数を減らし、練習ゲームへと特化したつくりになっています。これによって、まずは情報量の少なめな簡単なゲームを遊んでみることで、ゲームの概要を掴むことが可能になりました。

 勿論、First Stepsで登場する役職や事件は、Basic Tragedy Χにも登場します。従ってFirst Stepsを遊んだプレイヤーは、スムーズにBasic Tragedy Χへと移行することが可能です。

イメージコミックを追加! ゲームの雰囲気が掴みやすくなります。

 ゲームの雰囲気を伝えるために、12ページのイメージコミックが追加されました。惨劇の舞台で踊る主人公たち、コミックを通して観劇するだけで、ゲームの雰囲気を気軽に掴むことができます。実際のゲームを行う前に一読すれば、ゲーム自体もわかりやすくなること請け合いです。

■惨劇フリークのために

キャラクターを9人追加! 新しい脚本の可能性が!

 新たなキャラクターが9人追加されます。当然、全てのキャラクターを一度に使うわけではありません。これまでの9人と合わせた18人の中から、脚本家が任意で使うキャラクターを選ぶことができるのです。

 彼らにより、脚本の可能性は爆発的に広がります。独特な能力は、より異常な脚本を生み出します。柔軟な能力は、これまでバランスの都合で諦められていた脚本に光を照らします。能力だけではありません。脚本全体の人数の変化に、初期エリアの人数の変化。これらの変化は想像以上にプレイ感を変化させます。無数の脚本を創造する面白さ、ぜひともお楽しみください。

 以下にて、新キャラクターたちを紹介いたします!








標準惨劇セットを改良! より面白い脚本が作りやすく!

 これまで標準的な惨劇セットとされてきたBasic Tragedyですが、今回の次世代化により改良され、「Basic Tragedy Χ」として生まれ変わりました。勿論、標準的なセットですので、これまで同様に特殊なルールなどはありません。惨劇RoopeRの初めてのプレイには最適です。

 その上で、バランスが大きく改良されました。以前のセットでは強すぎる、ないしは弱すぎることにより脚本で使いにくいルールが存在しました。それらのルールを変更することにより、より簡単に面白い脚本を作れるようになっています。

 勿論、あくまでベースはBasic Tragedyです。これまでBasic Tragedyを遊んできた方もスムーズに入れるよう、必要最小限の変更で留めています。

■全ての方のために

ボードをリデザイン。さらに情報管理のためのデータボードを追加!

 ボードのデザインを変更し、中央に存在していたデータバーを撤廃しました。代わりにそれらのデータを管理するためのデータボードを新たに追加しております。この変更により、カードの移動などのボード上の処理がスムーズに行えるようになり、ストレスなくゲームをお楽しみいただけます。

カウンター類をリデザイン、さらに両面印刷に!

 カウンター類のデザインを変更することにより、識別性を向上しております。特に、日数カウンター、事件カウンター、ループカウンター、Exゲージカウンター、各種×3カウンターなど、用途の異なるカウンターはサイズも変更し、区別しやすくなりました。

 それだけではありません。全てのカウンターが両面印刷となりました。目的のカウンターを探すために、カウンターをひっくり返す作業はもう必要ありません。よりストレスフリーなゲームとなります。

新規サンプル脚本多数収録!

 はじめて遊ぶ方のためにも、遊び慣れた方のためにも、多彩な難易度のサンプル脚本を用意いたしました。

 First Stepsの練習脚本やBasic Tragedy Χの簡単な脚本は、初プレイの方に強力にお勧めできます。上記のインストガイドを用いてインストした後、すぐに遊ぶのに最適と言えるでしょう。

 難易度の高めの脚本では、新たなキャラクターが多数登場します。新キャラクターたちの挙動をいち早く見てみたい。そんな惨劇フリークたちにはこれらの脚本を遊んでみることをオススメします。ベテランの脚本家ならば、様々な脚本のアイデアが浮かぶことでしょう。

惨劇RoopeR Χ
コンポーネント
  • ボックス 1個
  • カード 57枚
  • ボード 5枚
  • カウンター 94枚
  • ルールブック 2冊
  • サマリー 8枚
価格
イベント価格 4,000円
ショップ価格 4,200円(税込)
頒布予定日
2013年4月28日、ゲームマーケット2013春、BakaFire Partyにて頒布
(4月7日(日)より、公式サイトにて予約を開始いたします。)
さらに各書店にて委託頒布予定
@BakaFireをフォロー
Tweet #%E6%83%A8%E5%8A%87RoopeR





時を遡り、トップページへと戻ります。
惨劇RoopeRの紹介を行っております。
惨劇RoopeRについて知りたい方、ルールを細かく知りたい方におすすめ。
各種ダウンロードコンテンツが用意されています。
試しに遊びたい方、ゲームを拡張したい方、二次創作をしたい方におすすめ。
シナリオ、惨劇セットなどの募集要綱があります。
惨劇RoopeRの世界を自らの手で広げたい方におすすめ。
頒布イベントやゲームイベントの紹介があります。
惨劇RoopeRを手に入れたり、遊んでみたい方におすすめ。