お詫び

10年近く昔に作ったものを改めて今持ち出されるとさすがにすごく恥ずかしいということに気づいてしまいましたので、まことに勝手ながらページは削除することにいたしました。なるべくそっとしておいていただけるとありがたいです。申し訳ございませんが、ご容赦ください。
M.I.Wが活動を終了しましたので、このゲームも併せて終了とするのが筋であるとか、私自身もルールやバランス感など忘れつつあるため、今後の更新は不可能だとかいうのも理由です。一番の理由は恥ずかしいからですけどね。
今でも楽しいと言って頂いている方には深く感謝しております。長らくのご愛顧、本当にありがとうございました。気が向いた時にでも思い出して、遊んでやって頂ければこれ以上の喜びはありません。

更新を長らくお待ちいただいた方には、改めて殊更にお詫びと感謝を申し上げます。私の未熟さゆえにご不快な思いもさせてしまったと思います。誠に申し訳ございませんでした。

exも今見なおしたら、人様のお時間を頂ける水準のものではなかったので、公開終了することにしました。どうしても欲しい場合は、しかるべきところにメールをください。

おまけ

よくぞこのようなどこからリンクが貼ってあるか分からないページにお越しくださいました。歓迎と共にお礼申し上げます。
折角なので、本作についてのコメントも書いておくので、ついでにお楽しみください。

特に駄目なのはどこか
企画としてまったくもって駄目でした。作品そのものとして魅力に乏しく、今見ると恥ずかしい出来です。
あまり二次創作として取り扱われないような題材を扱った点には価値があったかもしれませんが、それにしてもいくつかの問題があります。第一に原作の知名度に差がありすぎ、どちらにとっても微妙な空気になったこと。第二に二次創作にしては全体の世界観に自分の色や好みを出しすぎたため、原作の魅力を引き出せていなかった点です。やろうとしたことの入口はそこまで大間違いではないですが、もう少しやりようがありました。
じゃあどうすればよかったかというと、二次創作部分は知名度の(特に高いものと比べて相対的に)低い作品を集めて、アクの少ない世界でフリーゲームにすべきですね。一方で後述するゲームシステム部分は単純にもっと洗練した上でオリジナル(一次創作)にするべきでした。当時の私は二次創作以外はありえないと思っていたところや、自分の好きなもの同士を組み合わせれば魅力的になると思い込んでいたあたり、未熟さを痛感しますね。
ついでに、今となってみるとWebサイトまわりがだいぶ恥ずかしいので、見られる状態にしておくのが私の精神衛生上良くなかったのです。綺麗なサイトに直してあげられたら良かったのですが、さすがに時間がありませんでした。

ちなみに上記の内容で、自分は魅力的に感じているのに否定的を書かれており嫌だと感じた方は、大変ありがたいことに私の感性に近いため、私が魅力的に感じるものをそのまま魅力的に感じて頂けたというだけのことだと思います。私としては気に入って頂き本当にありがとうございますとしか言えません。今の私の眼から見て、客観的に改善点を洗い出したのだとご理解ください。

何が良かったのか
全てが駄目とは言いません。ゲームシステムは今見なおしても魅力的なものです。しかし、これまた好みを出しすぎていたり洗練不足だったりで、一般受けするものではありませんでした。まあ、必ずしも一般受けしておけば正しいというわけではないし、本作のような無駄に重い戦略性や複雑さを愛してくれたプレイヤーもいたので、それを一概に間違いだったというつもりもないです。というかそもそも私はこのゲームシステム好きです。
リメイクしたい気持ちはゼロではないのですが、方法論の部分で詰まっていますね。ある程度のプレイヤーに受け入れられる必要があり、私の投下時間に対して、私が生活できるだけの収支見込みが立ち(さすがに赤字を出しまくるのは健全なあり方ではないです)、作品として皆様のお時間を頂くにふさわしいクオリティに仕上げる。不可能ではないのでしょうが、特に難易度の高い課題に感じています。
もうひとつ、原作の魅力を出せていないと上で書きましたが、あくまで世界観全体の話で、カード個々の原作再現やクオリティはなかなかいいものも多かったと思ってます。今見なおしても、こいつはナイスなデザインだってカードがちらほらありますな。

凄い恥ずかしくなったところから初めて、色々書いてみたら思った以上に長文になりました。やはり、思い入れのあった一作でした。お付き合いいただいた皆様には、改めて深い感謝を。